危険からの回避

危険から回避すると言うと少々大げさなイメージかもしれませんが、現代社会の学校では様々な問題が生じています。多くの生徒が集まるだけではなく、そこには親もいます。モンスターペアレントなる言葉も生まれているように、過剰にいろいろと口出ししてくる親もいれば、公立の場合、別の項でもお話したように、成績で学校を決めるのではなく、あくまでも住んでいる地域です。そのため、時に大きな問題が生じるケースさえあります。

それでも学校側からすると生徒の問題になりますし、現代社会の風潮としてなかなか毅然とした態度を取る事が出来ない部分もあります。どちらかの味方をするという事は、言い換えればどちらかの敵になるという事をも意味していますからね。ですが中高一貫校の場合、そのような問題はなかなか起きません。

誰でも入れる公立の学校とは異なり、入学試験という篩がある以上、中高一貫校には公立の高校で問題を起こしてしまうような子は入ってきません。つまり、学級崩壊ですとかいじめといったような問題とは無縁の学校生活を送る事が出来るのです。学校の問題は日に日に深刻なものとなっていると言っても過言ではありませんが、中高一貫校に関しては無縁なのです。