中高一貫校環境の自主性

中高一貫校に通っていると自主性が出やすくなります。6年間という時間は長いようで短いものです。思春期や成長期ですと、それこそあっという間に過ぎてしまいます。そのような学園生活の中で一番大きな事はやはり周囲の人間との関係性です。人格形成に於いて周囲との人間関係はとても大きなものです。

中高一貫校の場合、意識が高い生徒が多いです。入学時から大学の事を意識しているような生徒もいます。そして、そのような生徒は一人や二人ではありません。大勢いますので、そのような中に入ればおのずと自分自身も将来の事を考えるようになりますし、自主性も身についていくものです。将来に対してしっかりと意識をしている生徒の集団に入る事が出来る点もまた、中高一貫校における大きなメリットでもあるのです。

郷に入っては郷に従えという言葉もあるように、自分自身がどのような意識を持っているのかも大切ですが、周囲がどのような人間なのかもまた、とても大切になってきます。その点中高一貫校の場合、意識の高い、そして意欲的な生徒が多いですから、そのような生徒たちに囲まれていれば知らない間に自分自身もそのような意識を持つ事が出来るようになっているのです。