視野が広がる

中高一貫校の生活は6年計画での学生生活になりますので、様々な面で余裕が出てきます。大学受験対策ももちろんですし、人間関係等に於いても6年間でになりますので、いろいろな部分で余裕が出てきます。これが何を意味しているのかと言えば、余裕がある時にはいろいろな物が目に入るものです。目の前の事だけに集中しなければならない時は、お世辞にも他の事にまで目が行きません。ですが余裕がある時にはいろいろなものが目に入ります。そのため、中高一貫校ですと生徒がいろいろな事に気付けるようになるのです。学業や環境等に余裕を持つ事が出来ますので、本来であれば自分が興味を示さないような事ですとか、視界に入らないような事にも興味を持ち、そこでまた新しい価値観に触れたり経験を積む事が出来るようになるのです。

公立の学校に通っているとなかなか気づけない事や経験出来ない事を経験する事が出来るようになるのですから、結果、人格形成はもちろんですがそこで本来であればなかなか気づく事が出来ないような事にまで気付く事が出来、学生生活がより豊かなものになる事もあるのです。これこそ中高一貫校における最大のメリットと言っても過言ではないのかもしれません。