社会に慣れる中高一貫校の良さ

中高一貫校の場合、余程運が良くなければ基本的には中学から電車通学になります。地元の中学校に進学していれば徒歩での通学になるかと思いますが、中高一貫校であれば中学から電車で通学する事になります。そのため、中学一年から社会そのものを知れると言っても良いでしょう。満員電車がどれだけ辛いものなのか。地元以外の場所を見る事でいろいろな物にも興味を持てるようにもなるでしょう。地元の中学校に通っていては分からない事を中学生の時から知る事が出来るのです。父親が普段満員電車で通勤している事がどれだけ大変な事なのかを知る事で父親に対してのリスペクトが生まれるケースも珍しくありませんし、視野が広がる事で自分自身の将来像をいち早く掴む事が出来るようにもなります。

自分自身の価値観を決めるのは他ならない自分自身です。世間や社会とはどのようなものなのかを中学生の頃から知る事で自分自身の価値観により刺激を与える事が出来ると共に、大人な自分をイメージする事も出来るようになりますので、地元の中学に進むよりも将来をイメージしやすいと言われているのです。進路を決める際に、それらの見聞が役立ち、どうなりたいのか具体的にイメージ出来るようになるのです。