コミュニケーション

学校で大切な事はコミュニケーションです。周囲とどのようなコミュニケーションを取るのかによって学校での生活そのものが変わってくると言っても決して過言ではありませんが、中高一貫校の場合6年間同じ人間関係になりますので、相手がどのような人間なのかをより深く理解する事が出来るようになります。

これは友達だけではありません。教師に対しても同様です。そのため、中高一貫校の場合友達と仲良くなるにしても通常よりも深く仲良くなる事が出来ると言われていますし、教師相手にも心を開く事が出来たり、より信用する事が出来ると言われているのです。6年間も同じ環境にいる事になるのですから、このようなメリットがあるのです。

コミュニケーションで失敗してしまうケースとして、相手の事を分かっていないという点が挙げられるかと思いますが、中高一貫校であれば6年間も同じ環境にいるのですからより相手の事を理解する事が出来るようになるのです。ですので、通常の学生生活とは一味違った楽しさがあるのはもちろんですが、卒業後も尚、人間関係が続くケースも多いのです。お互いにより深い所で理解する事が出来るのですから、その後の人間関係もまったく違ってくるのです。