中高一貫校は安定した環境

6年間同じ環境でいられる事のメリットは計り知れません。特に中高の6年間は男女共に思春期であり、成長期でもあります。このような時期に3年の2セットでは忙しないものですし、自分自身の問題だけでも手一杯なものが環境の変化でまで加わるとなるととても大変なものです。その点中高一貫校であれば6年間同じ環境ですから、余計な事を気にする必要なく、自分自身のペースで生活を送る事が出来るようになります。このメリットは計り知れないものがあります。

人間関係だけではなく、教師陣、そして学校の場所。すべてが同じ環境にありますので、自分自身の事だけを考える事が出来るようになります。環境が変わると、自分自身の本当にやりたい事まで考える余力がなくなってしまい、勉強はおろか生活そのものまで精一杯といった事もあれば、新年度の始まりは環境の変化のおかげでどうしてもいろいろな事に対して新しい努力を行わなければなりません。その影響で本来やらなければならない事が疎かになってしまうケースさえありますが、中高一貫校であればそのような事がないですから自分自身が思い描いた事のみに打ち込む事が出来ます。これこそ安定した環境にいる事の大きなメリットです。