中高一貫校の大学受験対策

中高一貫校の場合、大学受験に於いてもメリットがあります。それもそのはず、中高一貫校は6年間の教育になりますので、大学受験から逆算して授業計画を立てる事が出来ます。通常の場合、大学受験は高校入学して間もなく文理の選択を持って何となく始まるものです。つまり、どうしても時間的にロスが生じてしまいます。ですが中高一貫校の場合、入学時から大学入試を見据えていますので、学校によっては本来であれば6年分の勉強を5年間で消化し、最後の1年間は受験対策に充てている所もあるのです。全入時代と言われていても、自分の希望する大学に入学するためには勉強しなければなりません。普通の場合、高校に入ってから何となく自分のやりたい事等が見えてきてそこから大学選びに入ります。

そして勉強となり、結局受験間近になると時間が足りないと嘆く事になるのですが、中高一貫校であれば初めから大学を意識したカリキュラムとなっていますので、受験から逆算し、どのような勉強を行う事でより良い成績を収める事が出来るようになるのかをしっかりと計算してくれていますので、受験目前になって慌てたりする事もありませんし、勉強だけではなく、大学の情報収集も万全です。