中高一貫校の部活

部活動に打ち込めるのもまた、中高一貫校のメリットの一つです。部活動は公立の中学や高校でも打ち込む事が出来ますが、中高一貫校の場合、6年間みっちりと打ち込む事が出来ます。公立の場合、中学卒業の頃にはどうしても部活動も引退しなければなりません。さらには受験も控えているため、ともすると中学3年生はほとんど部活動を行わないような状況でもあります。遅くとも夏が終わるころには受験モードにしておきたいと考える生徒も多いですから、場合によっては3年生になってあっという間に部活は終わりというケースさえ考えられるのです。

その点中高一貫校の場合、高校受験がありません。そのため、中学3年生の夏休みや高校に上がる頃の春休み等、公立であれば出来ないような時期でさえ部活動に打ち込む事が出来ます。受験、そして学校の変化がありませんから、部活動もまた、6年間打ち込む事が出来ますし、同じように思っている生徒と打ち込めますので悔いの残らない部活動を行う事が可能です。また、学校によっては部活動にかなり入れ込んでいる所もありますので、そのような所であれば部活動が一生の思い出になるとい言っても過言ではありません。これもまた、大きなメリットです。