余裕を持てる中高一貫校

3年間の2セットと6年間の1セット。どちらの方が余裕が持てるかなど言うまでもありません。中高一貫校の場合、6年間環境が変わりませんので、入学準備は一度で良いのです。本来であれば中学入学時に準備をしたら今度は高校の入学準備まで行わなければなりません。ですが中高一貫校であれば高校の入学準備は中学と高校の名称が変わる程度で、そこまで大がかりなものではありません。つまり、特にこれといって大がかりな準備をする必要がありません。

制服が変わる事もなければ、場所も変わらないので定期の範囲も同じです。起床時間が変わる事もありません。すべて同じ環境の中で6年間過ごす事が出来るので余裕を持って生活を送る事が出来ます。環境に合う合わないは思春期の子供にとってとても大切な事ですが、中学入学時に適応すれば後の6年間は常に余裕を持って生活を送る事が出来るようになります。卒業だからと慌てて何かを行わなければならない事もありません。中高一貫校の場合、中学から高校への進学は特に大きなものではないのです。受験のプレッシャーもなく、余裕を持って生活を送る事が出来るようになりますんで、教育はもちろん、成長にも良い影響をもたらしたくれるのです。