中高一貫校は無試験

中高一貫校の場合、6年間同じ環境にいる事になりますが、これは言い換えれば受験を経験する必要がない6年間とも言えます。受験のプレッシャーは生半可なものではありません。中学生にとってそのプレッシャーはとても大きいものです。中学受験の場合、小学生が受験する事になりますが、その時はまだまだ将来の事まで考えているというよりも、勉強を頑張るという事だけを考えている生徒が多いものです。

一方、高校受験となるとこの先の人生がどうなっていくのかまで分かる年齢ですから、受験に失敗したら大変な事になってしまうと思いますし、親を悲しませてしまうといったように、様々なプレッシャーがかかってくるのです。勉強だけではなく、勉強以外の事まで考えることが出来る年齢になっていますので、プレッシャーに押しつぶされてしまうケースとて珍しくないのです。その際のストレスで成長にまで影響が出てしまうケースさえあります。ですが中高一貫校に進学する事で、高校受験そのものがなくなりますので6年間プレッシャーもなく、伸び伸びとした学園生活を送る事が出来るようになります。3年で一度極度のプレッシャーが来るのと6年間伸び伸びと学園生活を送る。どちらが良いかは言うまでもないはずです。