中高一貫校での進路計画

中高一貫校ですと6年間同じ環境で教育を受ける事になります。一般的には中学で3年間、高校で3年間。学校が変わるのでまったく違う3年間になるものです。ましてや高校は受験する事になりますので、自分の希望していた学校に入る事が出来ないケースもあります。そのような時、そこで自分自身の計画そのものが大きく狂わされるケースさえあります。本当に目指していたものが無理になってしまったので、そこから軌道修正する形で違う物を目指すケースもあります。

ですが中高一貫校であれば6年間同じ環境にありますので、自分自身がどうなりたいのかを計画する事が簡単なのです。環境が変わるとどうしてもそれまでと同じようにはいかないものです。ですが環境が6年間変わらないのです。しかも多感な時期の6年間はとても大切です。高校受験に失敗してしまい、そこで大きく人生の道を踏み外してしまったり、受験失敗がトラウマになってしまって、以来試験と名の付くものになかなか向き合う事が出来なくなってしまったり、落ちるのが当たり前に思ってしまって前向きに捉える事が出来なくなってしまうケースもありますが、中高一貫校であればそのような事もなく、計画的に6年間を過ごす事が出来るようになるのです。