中高一貫校の中学受験

特別な事を何も行わなければ、中学で3年間の生活を送った後に受験をし進学して、高校で3年間生活を送ります。そしてその中で自分自身がどのような方向に進みたいのかを考え、大学受験や専門学校、就職といったようにそれぞれの道を歩んでいく事になります。その意味では中学、そして高校の6年間は人生の中でもとても密度の濃い時間でもあるのですが、中学から高校に進学する際、いわばそこで一度環境がリセットされる事になってしまいます。中学の環境があまり好きではなかった生徒にとっては環境の変化をもたらす事が出来るという良い面もあります。

中高一貫校のメリットがどのようなものなのか

ですが、デメリットも多いのです。そのため、中高一貫校に進学させたい親御さんが増えているのですが、確かに中高一貫校には様々なメリットがあります。公立の中学に進学し、3年後に受験して高校に進む。これが当たり前ではありますが、中高一貫校のために中学受験する事で、早稲田大学に入るための受験対策など、その後の6年間を有意義なものにする事が出来るようになります。大人になってからの6年間と比べ、多感な思春期の6年間は意味合いがまったく異なると言っても過言ではありませんので、中高一貫校のメリットがどのようなものなのかを様々な角度からお話します。